yanon's blog

yanon.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 08日

それ、こわいから。実話編:その2 赤穂にて。

で、撮影だったわけですよ。
赤穂で。

帰りが、深夜になるので電車が無理なので、姫路のホテルを予約して、
姫路からレンタカーで、若手の営業が運転して、私が助手席。
女性カメラマンが、後部座席。

これがまた、何にも無い辺鄙な道を行く訳ですよ。
その時は、昼間だったんですが、街灯もない山道をカーナビの指示通り進んで行く訳です。
後5キロメーロル、道なりです。
って。
で、この営業が結構怖がりで、帰り道ヤバくないですか?夜中にこんな所走りたくないですよ〜っ。
怖い話とか、しないでくださいよ〜。
なんて言うから、カメラマンと面白がって、怖い話とかしてたんですけど・・・。

目的地まで、後10分位の所あたりで、
じゃあカーナビの怖い話でもする?
なんて言ったら、いきなり右腕、手首の辺りが痛くなったんですよ。
思いっきり誰かに掴まれてる感じ。
・・・。
で、やばいな〜と思って、怖い話止めたんですが・・・。

カーナビ、見ながら後もう少しだねぇ〜なんて言ってて、川沿いの道で、
カーナビの地図では、後少し行った所の橋を右折するラインが表示されてて、
あ〜あの橋かなぁ〜
なんて、言ってたら・・・
カーナビの音声ガイドが、
後700メートル先、左折です。

って?
うそ、右折でしょ、どう見ても。
ありえなくね?

ま〜でも、カーナビがそう言ってんだから、左折してみ!

って、訝しがるドライバーに左折させました。

すると、道は狭い農道のような感じ。

で、直にトンネルを潜ると、カーナビの現在位置表示は、とんでもない所を表示し始め・・・

何じゃこりゃ〜?
なんて、言っているうちに、たどり着きました。



お墓に。


その道は、墓石のすぐ横を通っているんですが・・・
明らかに、元々お墓だった所に、道を造ったようなんですよね。

でもまぁ、そのまま道を進み、やや遠回りながらも、無事目的地に到着。

なぜ、カーナビが、わざわざ最短ルートから外れたのか・・・
しかも、実際に表示されてるルートを外れて・・・

もちろん、手首の痛みは、お墓の前で、すっと、無くなりましたよ。

カーナビの怖い話、する前に、カーナビに怖い目、見せてもらいました。



あとで、別の車で来たスタッフに話したら、その車のカーナビも同じところで、左折って言ったけど、無視して右折してきたそうです。
まぁ、普通そうすると思うけど・・・

右折していたら・・・

未だに、右手掴まれたままだったかも。
[PR]

by yanon666 | 2008-07-08 20:42 | ブログ


<< iPhone ゲット!と、Ne...      淋しい熱帯魚。 >>